富士宮歯医者ならむらまつ歯科医院、一生虫歯にならないようにお口の健康をサポートしていきます。

富士宮のむらまつ歯科医院

無痛治療へのこだわり 痛みなく治療を受けられることを目指して

無痛治療

☆痛みの感じにくい治療を行っております
歯医者が苦手で足が遠のいてしまう原因で一番多いのは「痛いのがイヤ!」というご意見ではないでしょうか?
しかしだからといって虫歯を放置しておくともっと激しい痛みに襲われたり、最終的には歯を抜くしか方法がなくなり若くして入れ歯になってしまうなんてこともおこりかねません。
むらまつ歯科医院では,そんな患者さんの不安を十分に理解し、時間と手間を惜しまず痛みの感じにくい治療を心がけております。

麻酔

麻酔注射が苦手な方も多いですよね。
むらまつ歯科医院では皆様の苦手な麻酔が少しでも苦手意識が少なくなっていただけるように様々な努力をしております。

1.まずは歯茎をしびれさせます

表面麻酔という塗る麻酔薬を歯茎に塗り少し時間をおきます。 そうすることで,針を刺したときのチクッとした感じを軽減します。

2.一番細い注射針を使用しています

太い注射針と細い注射針での注射を想像してみてください。明らかに太い注射針でぶすっとするほうが痛そうですよね・・ これは蚊がチクッと刺すときに痛くないのと同じことです。 むらまつ歯科医院では歯科用の注射針で一番細いタイプを使用しています。

3.麻酔の温度にも注意しています

麻酔薬の温度とお口の中の体温に大きく差があると痛みや違和感を感じやすくなります。 そのため当院では麻酔薬を適温に保つ機械を使用しております。

4.電動の注射針も使用しています

麻酔注射の時に注射している時間が早い方が一見よさそうに思えますが、実は注射というのは一定の速度でゆっくり行うほうが痛みが出にくいのです。 電動の注射器だと、ずっと一定の速さですので痛みを感じにくくなります。

5.数回にわけて注射します

患者様の中には「過去の歯科治療時、何回も注射されて痛かった」というお話を聞くことがあります。 麻酔をしっかりきかせるためには必要な行為ですが、患者様にとっては何回も痛い思いをさせられたという不快な気持ちになってしまいますよね。 むらまつ歯科医院では一度注射し、少し時間をおきその麻酔薬がきいてから再び麻酔をすることでその不快な痛みを軽減させます。

6.麻酔がしっかり効いてから治療を開始します。

苦手な麻酔をせっかくがんばってしたのに、麻酔が効かないうちに治療を開始したら意味がありません。 当院では患者様お一人お一人の治療時間をしっかりと確保し、麻酔薬が浸透してから治療を開始します。

このような方法をとれば痛みもかなり軽減されます
中には「治療はこわいから絶対にイヤ!!」と泣いて拒否していたお子様が終わってみれば「全然平気だったよ!」と笑顔で帰っていかれる方もいらっしゃいます。 痛いのがイヤ・怖いという気持ちは大人も子供も同じです。 むらまつ歯科医院ではそんな皆様にやさしくよりそえるような治療を心がけております。